meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1"

ずるい教員の仕事術:できる人が使っている上手く立ち回る技

ずるい教員

なんであんなに上手く仕事をこなすことができるのだろう。

なんであんなに人間関係が良好に保てるのだろう。

そんな教員が皆さんの周りにはいないでしょうか。

こういった 社会を上手く生きている人は一見ずるい人に見られがちです。

しかし、 ずるい人ほど仕事や人間関係を上手くこなし、人生を豊かに過ごしている

のです。

ずるいと考えられがちな人たちがしている行動を学び、自分の人生も豊かにしていきましょう。

1 根回しをする

 一見めんどくさい根回し。

しかし、周りに声をかけるだけで会議などで余分な質疑応答がはいることがなくなくなり、効率よく進めることができます。

また、予め相談すると味方になってくれることがおおく、反対意見が出ることが少なくなります。

根回しをすることは、自分が動きやすくなるためにあらかじめ手を打っておくということなのです。

やり直しや話し合いなどの時間も無くなるので、結果として 根回しに時間を使ったほうがはやく仕事が進んでいきます

 

2 感謝をする

感謝は人間関係を良くする技術の一つです。

日々、周りの人に感謝し、その感謝を言葉や行動で伝えていれば、自然と周りに人が集まるようになります。

自分が困ったときや上手くいかないときに、助けてくれる人が増えていきます。

また、なにか企画したときに、自分の意見に賛成してくれる人も増えていきます。

感謝することで、最終的に自分が得をすることが多いのです。



3 真似をする

皆さん、真似をすると聞くとなんだか悪い感じがしてしまいますよね。

できない人ほど、自分で最初から生み出そうとして苦労します。

しかし、できる人ほどまず真似をしていくことを大切にします。

真似することは悪いことではないことを知っているのです。

むしろ、 真似をするところからはじめることで、無駄なく進めることができます

慣れてきたら、 自分の味を付け加えることでよりよいものとしていきます。

今まであったものを上手く使い、仕事をこなしていきましょう。

 

4 子どもを頼る

子どもたちは実は無限の可能性を秘めています。

既に子どもたちの方が知っていることなんて山のようにあります。

学級にも自分より絵の上手い子どもはいませんか。昆虫について知識の豊富な子どもはいませんか。

子どもだから任せられない。そんなことは決してないのです。

どんな仕事も工夫すれば、子どもたちに任せることができます

大切なのは、子どもたちの可能性を信じること

そして、 良さを見出し、それぞれの良さが生きる役割を与えることが教師にとって大切なのです。

そうすることで、気づいたら自分の仕事が楽になっているはずです。



 

5 聴いて聴いて聴きまくる

ずるい教員ほど周りの人を頼るのが上手いです。

なぜって。 聞いたほうが100倍速いからです。

なにを聞いたほうがいいのいか、なには自分でやったほうがいいのかの判別が異様なほど上手です。

わからないままにするのではなく、 分からないことがなくなるまでわかるまで徹底的に聴き、仕事を進めていきましょう。

 

6 褒める

ずるい教員に共通しているのは、「褒めるのが上手い」ということです。

ただ褒めるといっても、自分の教室の子どもたちを褒めるだけじゃなく、隣のクラスの子どもや先生を褒めているということです。

人前で他のクラスの子どもや先生を褒めることは、その先生の指導法やあり方を認めることにつながっていきます

すると、その先生は自分に対して自然に好意をもってくれることにつながります。

そのため、先生から信頼を得たいときに使える魔法の方法ともいえるでしょう。

 

 

ずるい教員になると教員生活が楽しくなる

ずるいことは悪いことではありません。

考え行動して、人よりも良い結果をえているからずるく感じてしまうのです。

ずるい教員が行っていることを自分から進んで行っていき、上手く立ち回ることで、人生を豊かにしていきましょう。

そして、毎日を楽しく、幸せに暮らしていってください。

 

 

体育主任が運動会に向けて準備しておくもの:運動会に必要な9つの道具

運動会で必要な道具を把握し、計画的な準備を

運動会で使う道具を、予め頭に入れておかないと、急になくて困ってしまうということがでてきます。

しかし、今まで体育主任をしていなかったり、異動したばかりだと、なにがあって、なにが必要かわからないと思います。

そこで、運動会の練習や本番で必要となってくるであろう物について考えていきました。

あらかじめ、何がいくつ必要か考え、計画的に準備をしていきましょう

また、 どこにあるのか、壊れていないかなども確認しておきましょう



1 雷管と雷管の玉

競走系の種目の際に使っていきます。

特に雷管の玉は全学年使っていくとすぐなくなってしまうので、今年度中に使う分と予備があるかしっかり確認しておきましょう。

2 入場や退場で使うCD

短距離走や競争遊戯などの入場や退場、競技中に音楽を流す場合に必要となってきます

毎年、運動会前に最近の曲が収録されたものを用意しておくとよいでしょう。

3 ゴールテープ

競走系の競技で使用することが多いです。特に、短距離走で使うことになると思います。

4 ラインカー

ラインをひくために必要なラインカー。腰を曲げずに立ったまま引けるものを選ぶと、ラインを引くときにとても楽です。

5 石灰・カラー石灰

運動場のラインを引く際に必ず必要な石灰。

毎週十分な在庫はあるか確認し、運動会までの間は5袋以下になることのないようにしましょう。

また、場所を分ける際にカラー石灰を使うこともあると思うので、使用するクラスがないか確認し、必要な場合は用意しておきましょう。

5 ビブス

競技や審判など多くの場面で使用するビブス。

何色必要となってくるか予め把握しておき、用意しておくようにしましょう。

6 スピーカー

運動場で使用するスピーカー。壊れていないか確認し、万が一壊れている場合には早めに注文するようにしましょう。最近ではBluetoothがつながる便利なものもあります。

7 テント

来賓や熱中症対策でテントが必要となってきます。
また、放送器具が濡れないようにするためにも何台あるかきちんとちぇっくしておきましょう。

 

8 メジャー

運動場の目印を決めていく際に必要となってくるメジャー。

50mと100mのものが必要となってきます。

壊れてそのまま放置されている場合が多いので、はやめにあるか確認しておきましょう。

9 くるくるメジャー

運動場のトラックのラインを正確に測るためのメジャー。
まっすぐなものだと測れないので、転がして測るメジャーを用意しておきましょう。

 

 

運動会を見据え、必要な道具を揃えておこう

運動会が近づいてきたら必要な道具がきちんとあるか確かめ、ない場合や壊れている場合は補充するようにしていきましょう。

また、なるべく ネットで注文できるようにしておくと、安く良いものが手に入り、結果として年間で多くのものが買えると思います。

 

koarateacher.hatenablog.com

 

 

 

できる体育主任が行うペグ打ちのポイント:運動場の準備を効率的に

運動会の最初の準備と言えばペグ打ち

運動会で必ず事前にやっておかなければならないペグ打ち。

一年間ずっと埋めたままで良い場合は昨年度のものを使用すればよいですが、

運動会が終わるたびに抜いている学校は 運動会の練習が始まる前にペグ打ちが必要となってきます。

初めて体育主任を任された場合は以下の手順を参考に見通しをもって進めるようにしていきましょう。

また、体育主任の経験がある人も、より効率よく行うことはできないか参考にしていただければ幸いです。

1 必要な道具の確認

 運動会のペグを打っていく前にまず必要な道具がそろっているか確認していきましょう。

〇ペグ

〇メジャー

〇三角定規、分度器

〇トンカチ

2 運動場の図面の確認

必要な道具が揃ったら、次は運動場の図面を探していきましょう。

昨年度のデータもしくは紙媒体があるはずなので、引継ぎされた資料を見て見ましょう。

このときに、万が一資料がなければ、前年度の体育主任もしくは、現校務や教務に聞いていきましょう。

 

 

3 運動場のどの場所に何色のペグを打つか考える

  運動場の図面が確認出来たら、それをプリントアウトし、どの場所にペグを打っていくか考えていきます


 〇 列の先頭の立ち位置

 〇 基準列の立ち位置

 〇 50mラインの基準

 〇 テイクオーバーゾーンの基準

 〇 200mのトラックの基準

 〇 児童席の基準

 〇 各演技で必要となる目印(必要であれば)

 〇 その他に必要な目印

これらの位置が決まったら、何色の印にしていくか考えていきます。

色を変えておくことで、子どもたちが覚えやすくなったり、教員が線を引きやすくなったりしていきます。

また、指示も出しやすいのでお勧めです。

 

4 必要手順を考える

目印の打つ場所が決まったら、どの手順で打っていくと効率が良いか考えます。

どの基準から打っていくとはやいか考えるとよいです。

「50mのメジャーを縦に伸ばして、5mごとにペグを打っていく。」

「50mのメジャーを縦に伸ばし、100mのメジャーを横に伸ばし、90度交わるところ基準にする」

など一つ一つのてじゅんを具体的に考えていくとよいです。

誰が見てもわかる言葉でつくっていくことを意識し、自分がいなくてもひいてもらうことができるようにしましょう

 

5 役割分担をする

 手順が決まったら役割分担をしていきます。 役割分担をすることで効率的に作業を進めることができます

低学年・中学年・高学年・特別支援・その他の先生といったように役割分担していくとよいでしょう。

 3つや4つのグループが同時に動いていくので、それぞれのグループがどの順番で動いていくと良いかしっかりと考えておく必要があります。

  体育主任は役割をもたず、指示を出したり、分からない人を補助するようにしておくとスムーズに仕事が進んでいきます



やらなければならないことだからこそ、効率よく行う

運動会のペグうちは、練習や本番でのライン引きを助ける大事な仕事です。

みんなで運動会を作っていくことを意識し、協力して仕事を行っていきましょう。

 

 

 

運動会の入場行進は必要? 令和から始める新たな運動会の形について考えてみる

運動会の練習で入場の行進をさせたことは

入場の行進整列などを何度も何度も繰り返し行ったことはないでしょうか。

そして、休め、気をつけ、礼などを、何度も何度も暑い中繰り返し指導したことはないでしょうか。

自分が指導された日を思い出してください。

あの時間ほど無意味で、苦痛な時間はなかったかと思います。

もちろん、 精神面の向上というメリットなどはあったかもしれません。

しかし、 子どもたちの健康への配慮を考えると、立ったままの指導を何時間も続けるメリットはないように感じます。

ましてや、 子どもたちの気をつけの姿勢や入場行進を期待して運動会を見に来る保護者は少ないと思います。



では、運動会の入場などの指導はどうすれば?

では、運動会の入場などの指導はどうすればよいのでしょうか。

それは、 学級の先生に指導をお願いしていくのが良いです。

そして、学級だけの指導では1年生や2年生はできません。

そこで、 わかりやすい目印や先生が予め立っておいても良いでしょう。

運動会での入場の行進は先頭が揃っていればかっこいいですね。

そのため、放課などに先頭の児童を集めて行進の練習をしたり、学級で練習したりすると良いと思います。

また、手や足がきちんと揃って動いているとかっこいいです。

一人ひとりの動作がそろっていれば、日体大のような行進演技もできるかもしれません。

 

動作の指導は、各学級の時間でやってもらうのがベストかと思います。

他の指導も同じです。

起立の時の姿勢、速さ、気をつけの姿勢、回れ右のやり方など多くの基本動作の指導は学級で授業の始まりに行うことができます

全体でやる全く必要はありません。

 

 

開会式や閉会式自体を時代に合わせて変えていく

もし可能であれば開会式や閉会式の際にもうすでに入場した隊形から行うこともできます。

すると、 入場や退場の指導がいらず、無駄な時間が減ります

もっと進めるのであれば、校長とPTA役員の言葉は1分以内にしてもらう。

役員紹介は掲示して確認してもらう

など、工夫できることはたくさんあります

 

 

本当に必要なものは何か見極め、より良い運動会にしていく

本当に必要なものを見極め、いらないものは取り除いていくという点で、エッセンシャル思考とにている面がありますね。

やるべきことを厳選し、それを中心に指導していけば、指導も激減するので楽です。

そして、子どもたちは運動会を本当の意味で楽しむことができ、保護者はその様子をしっかりと見ることができるようになります。

他にもきっと改善できることはたくさんあります。

もう 開会式や閉会式自体なくすというアイデアあるかもしれません。

子どもたちや保護者、そして教員のためにできることが他にもあれば検討してみてください

 

 

GW明け 学級崩壊の兆候を抑え良い学級へと導く:学級経営のポイント

GW明けは魔の6月に備える大事な期間

怒涛の4月が終わり、待ちわびたGWになりましたね。

ほっと一息ついたのもつかの間、またGWが開けたら忙しい毎日が始まります。

GW明けは、子どもたちの本当の姿が見え始める大事な期間です。

そのため、4月の学級開きに行った学級でのルールに基づいてしっかりと学級経営を行っていく必要があります。

落ち着いて第2の学級開きを行えるよう、教師は準備をしていく必要があります。

そこで、 学級崩壊につながる子どもたちの兆候を見ていき、予め種をつぶしておくことで、学級をよい方向に導けるようにしていきましょう。



1 宿題などの提出物がでているか

最初は新しい先生にいい格好を見せようと頑張っていた児童も、

GW明けにはその気持ちも少し薄れ、 宿題などの提出率が悪くなってきます。

そこで、 宿題などの提出物が期限通りきちんと出せているかを見ることで

今自分の学級がどのような状態なのか把握することができます

提出状況が悪い児童が溢れてくると、きちんとやれている子どもたちが損することにつながっていきます。

頑張っている児童も頑張らなくていいやと思うような学級になっていってしまいます。

そんな風にならないよう、 提出状況が悪くなっている児童には声をかけたり、様子をみたりしていきましょう。

また、必要であれば学級全体に声掛けをすることで、もう一度気持ちを引き締め学校生活をおくらせることができます。

2 ルールを守らない児童が増える

4月に決めた学級でのルール。学級が始まった後は子どもたちも意識が高くしっかりと守れていたと思います。

しかし、学級にも慣れ、長い休みが明けた後だと、どうしても気持ちが薄れてしまうものでしょう。

全ての子どもたちが気持ちを保っていられたらそれはロボットに違いありません。

そのため、 ルールを忘れてしまったり、これくらいならいいかとルールを破ってしまったりする児童がでてくるのは当然のことです。

そこで、 どう対応するかでその先生の価値が問われると思います。

もともと、子どもたちがそうなってしまうとわかっていれば、焦って怒ってしまうこともなくなるでしょう。

ルールを破ってしまった児童が出てしまった際には、チャンスと捉え、その子どもとどうすると良かったか話し合ったり、学級でもう一度ルールについて考えていったりしましょう



3 友達に対する態度が乱暴な児童が増える

 学級が始まった4月はどんなやんちゃな児童も周りの様子を伺うため、まだ自分をだそうとしていません。

しかし、 学級にも慣れ始めた5月から子どもたちの様子が変化していきます。

慣れてきた子どもたちは自分の思いや考えをより伝えるようになってきます。

それが強くなってくると、自分の思った通りにいかなかったときに、友達に対して乱暴な口調で言ってしまうことが増えてきます。

ひどい場合は手が出てしまうなど暴力で解決しようとする児童も出てきます。

そういった兆候があらわれたらしっかりと指導していきましょう。

特に、 友達の心や体を傷つけるような行為については厳しく指導していく必要があります

そして、 その児童が間違った行動をとらないようにどう解決していくと良かったか一緒に考えていくことが大切になってきます。

指導して終わるのではなく、その子どもの心に寄り添い、一緒に考えていきましょう。



学級崩壊は少しのほころびから

学級崩壊は小さなことから始まっていきます。

そこで、その 小さなほころびを見逃さずに、子ども一人ひとりや学級と向き合っていくことが大切になっていきます。

子どもや学級の変化をしっかりと見極め、必要な対策を行っていきましょう。

koarateacher.hatenablog.com



100人に聞いた教員に必要なお勧め道具 番外編~小学校・中学校で使えるアイテム~

教員に必要なアイテムとは【2022年度版】

もうすぐ4月ということもあり、新年度の準備をし始めている方も多いのではないでしょうか。

特に、来年度から働き始める初任者の先生方はなにを準備してよいかわからないことも多いかと思います。そこで、 現職の先生方に聞いた便利なアイテムを紹介していきたいと思います。

今回は、その中でも少しマニアックなものもあるので番外編とさせていただきました。



 

1 QRコードスキャナー

みなさんももう使われていますか?

QRコードをノートに貼り付けることによって、業務の効率化を図ることができます。

提出物の確認の時間はもはや必要なくなります。

最初のQRコード作成をし、子どもたちにノートに貼り付けさせ、提出状況の把握をしていきましょう。

2 〇×ピンポンブー

子どもたちが好きなものと言えばクイズ。

クイズをより楽しいものとするアイテムです。

教えてくれた方は教師だけでなく子どもたちも使っているようでした。

3 角まる

ラミネートした掲示物などに当たるとけがをする子供がいることがあります。

そういった 不慮の事故を避けるために角を丸くするための道具があることをご存じでしょうか

これを使えば、角が丸くなり、安全に掲示することができるようになります。

4 タブレット用三脚

学校でタブレットを使うことも多くなってきました。

そこで、この三脚を使い、 体育で体の動きを撮影したり、国語や外国語の発表の様子を撮影したりすることができます。

5 人体模型

これはかなり特殊ですが、体の内部の様子を見るのにもってこいだそうです。

理科の教科書でみるよりも、 実物の人体模型があるほうが、子どもたちの驚きや反応が大きくなること間違いないです。

6 プロジェクター

今の時代タブレットを使うことも多いので、子どもたちの考えなどを皆の前に提示するときにプロジェクターを使用することもあると思います。

そこで、 自分専用のプロジェクターをもっていることで、他のクラスに気を使わないで使用することができます

一クラス一台常備されている学校では必要ないので買う必要はありません。

7 電子ボード

これがあれば、メモが吹き飛ぶなんてことはもうありません。

使う機会があればあるほど元が取れると思います

8 地球儀

こどものとき誰もが目にした地球儀。

地球儀があれば、日本の周りにどんな国があるのか、一目でわかることができます。

授業以外でも子どもが目にすることが増えるため、おいておくと子どもたちの学力が向上すること間違いないでしょう。

9 デッサン人形 

図工の授業で人間の書き方に困ったことはありませんか。

特に図工の得意な児童はいいですが、苦手な子にとって人間の動作を描くことは難しいことです。

そこで、 体の動きをとらえ、手や足がどこにあるのかを把握するために、デッサン人形を使いましょう。

他にも、体育の授業で体の動きを表現する際にも使えると話している方もいらっしゃるのでぜひ使ってみてください。

 

10 日付スタンプ

ノートチェックの日に、子どもたちのノートにスタンプを押すことで チェック忘れをなくすことができます

また、 日付が入っていることでいつ提出したか確認できるため、提出が遅れている子が一目瞭然です。

 

自分に合った道具を揃え、最高の教員生活を

皆さんが必要な道具はありましたか。

教員生活を続けていく中で、自分に合った道具を揃えていってください。

 

 

 

 

 

 

 

GW中に読みたい本10選:教師100人に聞いたお勧めの本

ゆとりがあるGWだからこそ教育力、人間力を高める

春から仕事が始まりやっと一息つけるGWがやってきましたね。

少し時間にも、心にもゆとりができた今だからこそ、たくさんの本を読むことで、自己の力を高めていってほしいです。

そこで、今回は皆さんとおなじように学校で働く教員に聞いたお勧めの本についてまとめました。

ぜひ 自分に合った本と出会い、良い人生につなげていってください

1 褒め方叱り方

子どもたちの指導の仕方で悩んだり、困ったりしたことはないでしょうか。

この本では、そんな皆さんを助けてくれる本です。

子どもの褒め方や叱り方を具体的に紹介してくれます。

教師が子どもたちにかける言葉は、子どもたちに大きな影響を与えます。

良い影響を与えるか、悪い影響を与えるかは自分次第です。

 

2 お金の学校

義務教育では学んでこなかったお金の基本的な知識がここには詰まっています。

人生はお金がすべてではない。

しかし、お金があると人生に余裕が生まれ、豊かになることを皆さん知っているはずです。

「貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う」という5つの力を紹介されており、一生お金に困らない人生を送るための秘訣が書かれています。

 

読んだ方も、本の内容を実践し、人生が豊かで楽しくなったそうです

 

 

3 てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!

未就学児を中心に書かれた内容ですが、小学校の低学年~中学年にも十分当てはまる内容が書かれています。

多様化し、思い通りにいかない子どもたちだからこそ、この本を通して、子どもたちとの関わり方、自分の心の持ち方を考えていくことができます

誰もが家に置きたくなる子育ての教科書ともいえるでしょう。

学校の子どもたち、そして自身にも良い影響を与える一冊です。

 

4 仲良くなれる!授業がもり上がる!密にならないクラス120

クラスや学校の実態、人数や場所に応じたく遊びがたくさん紹介されており

コロナ禍だけでなく、コロナが終わった後の世界でも使えるアイデアがいっぱい詰まっています。

この中にある遊びをいくつか実践したことで、学級の子どもたちの絆が深まり、良い学級経営につながったそうです。

ぜひ、手に取り、引き出しを増やしていってください。

 

5 失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

この本には、様々な偉人の失敗が紹介されています。

失敗の大切さ、失敗との向き合い方を知ることで。これを読んだ子どもたちは、失敗を恐れず様々なことに挑戦できるようになるでしょう。

学級文庫に置いたり、目の前の子どもたちに合った偉人の話を紹介したりすることで、 失敗は成功のために必要な事であり、大きな財産であることを伝えていきましょう。

 

6 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていく ブッタの超合理的な考え方

仕事内容が多様化し、保護者や子どもの対応に明け暮れる毎日。

他にも、教材研究や校務分掌、職場での人間関係など、考えなければならないことがたくさんあると思います。

そのため、多くのストレスで体や心を壊してしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで、この本を読んで、 ストレスとの向き合い方や考え方を変えることで、今までつらかったことがつらくなくなり、少し楽になったそうです。

全てが上手くいくとは限りませんが、この本の内容で少しでも 肩の重荷や心のわだかまりを取っていただければと思います。

 

 

7 夢をかなえるゾウ

「人生を変えたい、夢をかなえたい」「もっと良い教員になりたい」

「教員人生を豊かにしたい」

そんな夢を持っている人にお勧めの本です。

誰もが簡単にできることが書かれており、すぐに実践できる内容ばかりです。

どんな夢も小さなことを継続していくことから始まります。

 

 

8 エッセンシャル思考

あなたが一番大切にしているものは何ですか?

普段生活している中では考えることがないであろう、自分の人生にとって本当に大切なものはなにかを考えさせられる本です。

そして、エッセンシャル思考を身に着けることで、 自分の大切なものを見極めた上で、それ以外の不要なものを上手く取り除いていくことができるようになり、あなたの生活、仕事などすべてが今までとは変わっていくでしょう。

 

無駄をなくし、本当に大切にすべきことに力を注ぎたい方にお勧めの一冊です。

 

9 1分で話せ

いつも子どもたちの前で話が長くなってしまう先生。

この本を読むことで、簡潔に分かりやすく話すように意識するようになったようです。

皆さんも、今まで話の仕方の指導はなかなか受けてこなかったと思います。

だからこそ、この本を通して、 相手を考えた伝え方を学ぶことで、伝える力をアップさせていきましょう。

そして、教師としての力、人としての力を向上させましょう。

 

10 スピーチライターが教える 5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本

この本も伝え方の指南書です。
上手く伝えることができない、言葉にするのが苦手という人にお勧めの本です。
筆者が紹介するトレーニングや考え方を実践するうちに、少しずつ語彙が増え、表現力が豊かになったのを実感するそうです。
なかなか思ったことが上手く表現できない自分を変えたい、言葉に力をもたせたい、そう思う方はぜひ読んでみて下さい。